ケルンコーヒー いちのみや店

外観

〒405-0064 笛吹市一宮町塩田443-1
         TEL:0553-47-0316
営業時間:AM10:00〜PM7:00    .
火曜及び第4月曜定休(祝日営業)

ケルンコーヒいちのみや店は 本格的コーヒーの飲める コーヒー豆と洋菓子の店です。

喫茶

木をふんだんに使った喫茶スペースではハンドドリップで入れた本格的コーヒーを提供して います。

ドリップ

ケーキセット

自家製の日替わりケーキは飲み物とセットで50円引きで提供しています。

ケーキ

ケーキ

洋菓子

自家製の洋菓子も喫茶で提供しています。
おみやげとしても人気です。

メニュー

自家焙煎コーヒー豆の販売

豆

豆

店頭では自家焙煎のコーヒー豆を100g単位で販売しています。

豆

豆

豆

豆

手軽に飲めるドリップバッグを5個入り550円にて販売しています。

豆

豆

豆

カフェバッグ

紅茶のようにコーヒーバックをカップに入れお湯をそそぐだけ。 簡単で本格的なコーヒーがお楽しみいただけます。

豆

5個入り500円

豆

10個入り700円



コーヒーの話 コーヒーベルト 

豆

現在、コーヒーを生産している国は世界に60数カ国 ブラジル、ジャマイカ、タンザニア、インドネシア…。
これらのコーヒー生産国は、すべて南回帰線と北回帰線に挟まれた帯状の地域に点在しています。 そのためこの地域は、一般に「コーヒーベルト」と呼ばれています。

ふつうコーヒーは、この赤道を中心に南北25度の幅で地球を一周する「コーヒーベルト」 の外では栽培することができません。

 コーヒーの栽培、それも良質な豆を得るためには、平均気温15〜20度で霜の降りない気候と、 年間平均1500〜2000ミリの雨量、そして肥沃で水はけのよい土壌が欠かせません。

したがってコーヒーベルトの中にあっても、 実際にコーヒーの栽培ができる場所というのはかなり 限定されてしまいます。

また、地理的・気象的条件を満たしていたとしても、病害虫や異常気象などの心配はつねにあり、 生産者にはかならずしも一定の収穫が約束されているわけではありません。

 コーヒーはこうして、限られた地域の限られた気候の中で、  さまざまな障害を克服して生産されているわけです。 

  しかしそれにもかかわらず、コーヒーの木が実をつけるようになるのには苗を植えてから4〜5年後。
またやっと収穫を迎えたとしても、1本の木から1年間に採れるコーヒーの量は、 ローストにしてわずか500グラム程度にすぎないのです。